シロのドライブ日記

【西古見|観測所跡】西古見に行かないと欲が前日高まりすぎていたので行ってきた

 

前夜、どうしても西古見に行きたくて行きたくて、行きたすぎて悲しい気持ちになるとともに、夢見も最悪で落ち込みまくったのでもう、これは行くしかないと、行ってきましたん!

なんだか曇りで、途中で引き返そうかな~なんて思いながらの西古見だったのですけど、曇りでも美しいところは美しいんだなあと思いました……!

でも次はもっと晴れた時にきて、絶景をババーン!とお届けしたいですよ。

そんな西古見の観測所跡レポです。

 

基本情報
西古見の観測所跡
瀬戸内町西古見|観測所跡

観測所跡ってどんなところ? 古仁屋から1時間以上かかる場所 戦争跡地 土木学会選奨土木遺産 晴れていても曇っていても景観が良い 人があまりこない 夕陽も最高 住所 〒894-1855 鹿児島県大島郡瀬 ...

続きを見る

 

実は来るの、2、3回目の西古見観測所

西古見観測所跡

 

実は来るのが2、3回目の観測所跡なんです!

2回とも写真は撮ったのに更新しなかったという。

とても残念なことを去年からしています……!

でも観測所の中に入ったのは今日が初めてでした。

前は入っていいのかな?というかどこから入るのかな?

というふわふわした気持ちのままぼんやりして帰っちゃっていたので……。

 

観測所跡の看板

西古見 観測所跡

この観測所(壕)は、旧日本陸軍により昭和15年に建設され、正式には「えんかい(式)観測所」と呼ばれた。

射撃目標の方向と距離を測定し、山影に設置された砲台に連絡する役割を担い、壕内部の中央台座には監視用の望遠鏡が設置されていた。

平成16年5月に整備されるまでは草木に覆われ外部からは全く見えないように造られていた。

また、中のコンクリート壁には海上の岩や島々の図が描かれ、距離などが細かく記されている。

 

コンクリート壁に海上の岩や島々の図!

あっただろうか……!ドライブでちょっと疲れていてちゃんと観察していなかった!

次行く時にここはちゃんと見ておきます!!!んもー!!!

 

入口がかっこいい

西古見 観測所跡

 

整備される前は草木に覆われていたという観測所跡。

ここも覆われていたのかな。

おそらく道も草で覆われていたのだろうから、全く何があるかわからない外観だったのでしょうね。

 

西古見 観測所跡

 

奥に監視用の望遠鏡が置かれていたと思われる台がありますね。

海を見渡せる窓、ここからじっと監視していたのですね。

 

西古見 観測所

 

中に入ると注意書きが……。

壁には海上の岩や島が描かれているとのことだったので、それが消えないための注意書きでもあるのでしょう。

触るとやっぱりそこから削られて行ってしまいますからね。

 

西古見 観測所

 

2階がありましたが、上り方がよくわからなかったので上りませんでした!

上の方からも見ていたのでしょうかね。

 

西古見 観測所

 

望遠鏡が置かれていたと思われる台座です。

写真ではよくわからないのですが、ここの壁に島などが描かれているとのこと。

古いということもあってよくわからないですが、もっと近くだとみられたのかな。

今度じっくり見てきます。

 

西古見 観測所

 

中から見た外です。

戦争跡地は色々考えさせられますね。

 

西古見 観測所

 

中から入り口を見たら、なんだかこれが「エモいでは?!」となりました。

 

外から見た様子

西古見 観測所

 

こんな看板が!ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン!!

いやいや、外から……?ええ?

 

西古見の観測所跡

 

ここから中へ……?なぜわざわざ窓から……。

と思ったけど、子供などがかくれんぼ感覚でやっちゃうんですかね。

 

西古見 観測所

 

今はわかりやすいけど、前はここも草木で覆われていたからちょっとした小山のようにしか見えなかったのでしょうね。

 

西古見 観測所

 

振り返ると枝が刺さっていました。

なんかの印なのかな~?

 

島を見てみよう!

西古見の観測所跡から見える島々はなんて島なんだろ~?

という方にも親切な島ボードが設置されています!

予習しなくても楽しめる配慮、素敵ですね!↓

 

西古見 観測所跡

 

↑を実際に見ると↓

 

西古見 観測所跡

 

もう一つの島ボードがあるのでそっちも行ってみましょう。

 

西古見 観測所

 

西古見 観測所

 

↑これが↓

 

西古見 観測所

 

観測所跡地から見える島については動画も撮ってみました!

 

 

帰り道

西古見

 

来た道から帰ろうと思ったのですが、息子氏の「あっちも行ってみたい!」の一声により、観測所を上がったところから帰ることにしました。

「整備されて通れるようになったよ~♪」

という話は聞いていたので、どうなのだろうかとドキドキしながら初めての道でした……!

 

細かく写真は撮っていないのでですが、本当にびっくりするくらい綺麗で通りやすい道になっていました。

ところどころ土砂ってたし石も上から落ちてきたんだろうなあっての多かったけど、いやもうぜんぜん通れる!

最高だ!と思いながら走りました。

ここらへん整備してくれるのはありがたいですね。

 

西古見

 

あんまり海は見えなかったけれど、山を堪能できてよかったです。

ただ山道なんで、ぐねぐねなんですよね。

酔いやすい人は注意かな。

運転者は酔わないと言う話がありますが、私は運転していても酔いました(=_=)

 

西古見

 

西古見

 

息子氏がよく言う、緑のトンネルがわんさかですよ。

 

西古見

 

これはクワズイモなのかな。

でかいですね。

 

奄美の山

 

たんぽぽ的なアレかな?

 

奄美の朽ち木

 

朽ち木!

切り口きれいだから切って放置されているんでしょうかね。

あえてなのかな?

苔がはえて、命の巡りを感じます。

 

奄美の山

 

ここだけ紫色の花が咲きまくっていて綺麗でした!

途中、分かれ道がいくつかあって気分のままに進んでも家に帰れたので、ドライブにもいいかも♪

ただクロウサギの看板もあったし、鳥もばんばん飛んでたのでロードキルには注意ですよ。

久しぶりに西古見行けて良かったです!

また今度、晴れた日に夕陽を見に行こうと思います。

ではでは♪

 

基本情報
西古見の観測所跡
瀬戸内町西古見|観測所跡

観測所跡ってどんなところ? 古仁屋から1時間以上かかる場所 戦争跡地 土木学会選奨土木遺産 晴れていても曇っていても景観が良い 人があまりこない 夕陽も最高 住所 〒894-1855 鹿児島県大島郡瀬 ...

続きを見る

-シロのドライブ日記

© 2020 Amamiの書 Powered by AFFINGER5