シロのドライブ日記

【大和村|国直海岸】国直海岸は宮古崎に繋がっていた!(でもたどり着けなかった)

投稿日:

奄美大和村の国直海岸

国直海岸に行ったの6月なのですが、まさかの10月に更新ですよ!

うちの息子は大浜海浜公園も好きなのですが、国直海岸もその次か同じくらい好きなようで頻繁に「国直海岸に行く!」と言います。

ですが国直海岸は名瀬から近いとはいえ、やはり大和村なのでそれなりに遠いんですよね。

なので、行くのは結構レアだったりします!そんな国直海岸に行った6月の思い出を綴ります!

なんと2回目か3回目の国直海岸で、宮古崎(せごどんで注目されているところ?かな?)と繋がっていることをやっと知った私と息子が宮古崎へと続く道を進み、途中で草がたくさん生えているという事で断念した記録です(笑)

でもなかなか楽しかったので、また近いうちに行きます。

 

奄美大和村、国直海岸
奄美大和村|国直海岸

国直海岸ってどんなところ? 名瀬から近くて行きやすいのどかなビーチ 施設充実!トイレもシャワーも綺麗! 海を眺められるベンチなども綺麗 集落の人が親切でアダンをなだめてたりすると「これはアダンだよ」と ...

続きを見る

 

国直海岸はいつ行ってものどかで素敵な場所

奄美大和村の国直海岸

 

確か郵便局スタンプラリーの帰りに付き合ってくれた息子にどこか行きたい?と聞いたら「国直海岸に行く!」ということで行った国直海岸。

到着した時、もう夕方で遊ぶ時間はそんなにないな、と思った記憶がありますね。

到着して見渡してみると、看板・・・あれ?前もあったっけ?💦

大和村国直集落について紹介されています↓

 

奄美大和村の国直海岸

看板!前もあったっけ?

 

ひとつひとつみてみましょうか。

 

奄美大和村の国直海岸

 

A.

すももロード(国直海岸)
国直海岸は5月から8月の間ウミガメが産卵のために上陸します。集落の人々は人口の光でウミガメを刺激しないよう街頭に赤いカバーをかけてウミガメの産卵、ふ化を見守っています。(ウミガメは赤い光を認識できないとのこと)。

B.ふくぎナイト(フクギ並木)
フクギは防風林や防火林として人々の暮らしを守ってきた国直のシンボルツリーです。集落の人々はフクギの保存活動に取り組むとともに、啓発活動の一環として毎年12月にフクギ並木をキャンドルやイルミネーションでライトアップする「ふくぎナイト」を開催しています。

 

奄美大和村の国直海岸

 

C.平家黄金伝説(国直城)
集落背後の小高い山は「国直城(クニナオグスク)」として鹿児島県文化財に指定されています。山頂付近は石垣や切通が残ることから「平家の見張り台であった」という言い伝えがあるほか、「平家の財宝である金のたらいが出土した」など様々な伝承が残っています。

D.若水汲み(テラシキ)
テラシキは国直集落の聖地として崇められ人々は豊年祭の祈願や正月などの初詣など時期折々に訪れてお参りします。また、テラシキにはグスクから流れ出る神聖な水があり、古くから生活用水として利用してきました。今でも一年の最初に使用する水を「若水汲み」といって感謝していただきます。

 

奄美大和村の国直海岸

 

E.願立て(トネヤ)
トネヤとは女性祭祀「ノロ神様」が祭事を司る場所で、国直集落では集落の中心に位置する岡崎家の屋敷がこれにあたります。旧暦の九月九日にはノロ神様や集落民がトネヤに集まり集落の一年間の平和と安泰を願う「願立て」を行います。

F.クガツクンチ(土俵)
旧暦の九月九日は、神様に集落の安泰を祈願する大切な日です。国直集落ではこの日に「クガツクンチ」という豊年祭を行います。クガツクンチは男たちが奉納相撲を取り、女性たちは奇抜な格好で余興を披露します。夜になると土俵を中心に男女が輪になって八月踊りを行います。

 

奄美大和村の国直海岸

 

G.夕焼けミュージックフェス(ウミガメ公園)
ウミガメ公園には高倉を模した東屋や展望デッキが整備され海水浴や夕日の鑑賞などを楽しむことができます。また、例年6月最終日曜日には「夕焼けミュージックフェス」と称して多くのミュージシャンによる音楽フェスが開催されます。

H.宮古崎つつじウォーク(国立公園宮古崎)
国立公園宮古崎は断崖絶壁の海岸線とリュウキュウチクの草原のコントラストが美しい奄美大島屈指の景勝地です。タイワンヤマツツジの復活を願う集落の人々によって毎年3月第2日曜日にウォーキングと植樹を併せた「宮古崎つつじウォーク」が開催されています。

 

国直集落の人たちは温かいイメージがあるのですが、こういったイベントが多いからこそ深いつながりを持てているのでしょう。

看板を眺めている私をよそに、走り出す息子。

そうですよね、まだ文化とか興味ないし、海すぐに行きたくなっちゃうよね!まって!

と、追いかける私・・・

 

奄美大和村の国直海岸

 

このごろ猿のように段のあるところもよじ登り行っちゃうので、ついていくために私も鍛えなくちゃいけないな、とたびたび思います。

砂を走る息子!なんでそんなに軽やかに走れるのでしょうか?

砂浜だよ?なんで?

とりあえずゴミでも拾うか

奄美大和村の国直海岸

緑いっぱいの浜!

 

息子は走って行っては戻ってくるのを繰り返すのが楽しいみたいなので、注意しつつ私はごみ拾いしていました。

 

奄美大和村の国直海岸

 

大きいのではなくて細かいゴミを・・・

ペットボトルも新しいものが落ちていたりしたのですが、やっぱり海でペットボトルが空になると置いて行っちゃうものなのでしょうか💦

 

奄美大和村の国直海岸

ちょい波が荒い

 

いつもゴミを拾う時は、持ち歩いている袋がいっぱいになったら終わり、そのあとは遊ぶ!冒険する!と決めているので、この日もごみ袋がいっぱいになったら終わりにしました。

 

奄美大和村の国直海岸

この袋なのでペットボトル入れるとすぐにいっぱいになっちゃう><

 

やっぱ遊びもね!しないとね!

ごみ拾いするときはこれくらいライトな感じで良いと思います。

ガッツリな日と決めた日ならその日はガッツリごみを拾う!でいいと思うけど、行く先々でごみを拾わなきゃって使命感でちゃうと辛くなっちゃうからね。

自分が無理のない程度にするのが一番かなって最近思いますよ。

息子を呼び戻し、海を前にした時の右のほうに行ってみることに。

 

右のほうに伸びる道、いってみよう

奄美大和村の国直海岸

前来たときは気づかなかったけど、道がある

 

道があるね~と息子と共に行ってみることに。

途中、

「本当に行っていいのかな?」

と不安そうな息子でしたので、

「草多かったら行くのやめようね」

と約束しながら・・・

 

奄美大和村の国直海岸

ボリュームの多い草?木?

 

もっこりした緑ゾーンにちょっと隠れていたのですが、上に行く道がありました。

 

奄美大和村の国直海岸

このもっこりした緑ゾーンの影がとてもすき!

奄美大和村の国直海岸

がっつり道がある・・・

 

なんだかこの道、明神崎展望台を彷彿とさせますね(笑)

やばいぞ、これは息切れフラグでは・・・と恐々としつつ進みます。

こういうところの坂って、そこから見える海がとても美しいんですよね。

 

奄美大和村の国直海岸

坂から見た海が美しい

 

何が良いって、奥の山が重なっている様子がね。

段々山の色が薄くなって奥まっていくのがたまらないんですよ。

天気がいいと更に素晴らしい景色となります。

 

どんどんのぼるぞ

奄美大和村の国直海岸

さ、のぼるぞ!

 

景色に癒されつつ、どんどんのぼります!

 

奄美大和村の国直海岸

な、なんだって~!宮古崎に繋がっているのか~!

 

なんとせごどんで有名になった宮古崎に繋がっているのか!まじか!

となった看板です(笑)

実はせごどん、観てないんですよね。

だからどういう感じで有名なのかも全然知らないんですけど、どうやらとても素晴らしい絶景だそうなので行きたいとは思っている場所です。

ふと右を見たら階段が・・・

 

奄美大和村の国直海岸

右を見たら階段があった

 

え?宮古崎はどっちなんだろう?と思ったのですが看板がさしているのは上ではなく前の方だったので前に進みました。

 

奄美大和村の国直海岸

険し気な山みある風景

 

道自体は親切なんですけど、ふと横を見るとだいぶ険しみある風景でした(笑)

 

奄美大和村の国直海岸

すすむど!

 

あ!でもなんか頂上っぽい雰囲気ある!これは!

と一瞬思いましたが、まあそんな簡単にね、終点につくはずがないんですよ。

もう学習しているからね。

 

奄美大和村の国直海岸

これはこれでいいな!

 

はい!めっちゃ奥まで道ある~!!!知ってた~!

でもこれはこれでいいな、と思える道でした(笑)

だってずっと道が続いているけど、海がそばにあるのですよ。

最高だ!しかも反対には山!素晴らしいな!

途中、犬の散歩をする女性とすれ違いましたよ。

 

人がいない閑散とした海っていいよね

奄美大和村の国直海岸

奥なのでほぼプライベートビーチ感!

 

ここまできて泳ぐ人がいるかは不明ですが、人がいない海に居たい場合ここまで歩いて来るといいのかも・・・

いや、でも犬の散歩している女性いたから、もしかしたら集落内ではよくいく場所なのかもしれないけど(笑)

 

奄美大和村の国直海岸

たくさんのねこじゃらしに息子が興奮

 

息子が走ったり私が走ったりしながら、途中とんぼを追いかけつつ。

下に行けたので下にも行きました。

 

奄美大和村の国直海岸

下に降りられる!

 

降りたのですが、めちゃくちゃ波がすぐそばまで迫ってくるのですぐ上に戻りました(^O^)

波の様子↓

 

奄美大和村の国直海岸

くるぞくるぞ!という波

奄美大和村の国直海岸

さぱーん

奄美大和村の国直海岸

ざざざー

 

ツイッターに動画あげてました!

この日の波・・・↓

 

 

ね~??結構激しい!

さあさ、あがって先に進みましょうね。

 

突然現れるベンチが好きすぎる

奄美大和村の国直海岸

途中あるこういうベンチが大好きです

 

明神崎展望台にもあるんですけど、こういう途中の道にあるベンチが大好きです!

長い道のりだから座りたい人がいるだろうと置いているのでしょうか。

作った人が座りたくてなのかな?

ここで海を眺めるのも良さそう!

息子がここに10秒くらい座って「元気になった!」と言っていたので元気になれるベンチに違いありません。

進んでいくと、おや・・・

 

奄美大和村の国直海岸

水流れている・・・

 

こ、これは通れないかもしれない!

私は通れても、息子が・・・

 

奄美大和村の国直海岸

真ん中の石を利用したらなんとかいけそうだ

 

息子が通れなきゃ行けない!と思っていましたが、息子氏ひょいひょいと渡って行ってとても驚きました。

道はまだまだ続いています。

 

奄美大和村の国直海岸

まだまだ続くよ

 

海の方は段々、ゴミが💦

ここは人があまり来ない分、ゴミがたまりやすいのでしょうね。

大きなゴミが多い上にここまで結構距離があるので、ひとりで運ぶのは難しいなあ、なんて考えていました。

 

奄美大和村の国直海岸

(´・ω・`)

 

海を渡ってやってくるゴミの量、はてしないです><

 

終わりは突然やってきた

奄美大和村の国直海岸

終わりは突然やってきた

 

よーしまだまだいくぞ!

そう思っていたのですが、これをみて断念しました!

いや、むり!うん!

ハブとかね、ハブとかが怖いから💦

あと時間も時間だったので、帰ることに。

 

途中、虫やカニを観察しながら・・・観察に夢中な息子を引きずるように帰りました。

観察させてやりたいところだけど、日が落ちちゃうからね。

また今度、ゆっくりこれたらいいですねということで。

 

奄美大和村の国直海岸

いつかウミガメもみたいね

 

帰りにウミガメの看板に気づいた息子「うみがめ見る!」と騒いでいましたので、ウミガメイベントがある時に連れていかないとな・・・。

思いのほか、冒険できた国直海岸でした。

宮古崎にも今度しっかり行ってみます。

あ・・・もしかして最近よく「国直行く!」って騒ぐことがあるのは、続きはまた今度行こうねと言ったからなのかな💦

私は今の今まで実は忘れていました。

うん、でもいこう!俄然宮古崎が気になってきたので!

秋だし、近々行ってみます。

 

奄美大和村、国直海岸
奄美大和村|国直海岸

国直海岸ってどんなところ? 名瀬から近くて行きやすいのどかなビーチ 施設充実!トイレもシャワーも綺麗! 海を眺められるベンチなども綺麗 集落の人が親切でアダンをなだめてたりすると「これはアダンだよ」と ...

続きを見る

-シロのドライブ日記

Copyright© Amamiの書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.